2018-03-12

 
昨日お伝えしたように、3月9日の大雨と暖気の影響で知床五湖に異変が発生しました。
 

 
木道が各所で露わになっていることもいつもと違う状況。普通ならばこの時期にこんなに雪が少なくなることはありません。
 

 

ほぼ全ての湖で水が浮き、4月中旬ごろの風景となっています。
湖の氷が割れ落ちる可能性が十分にあること、植生の保護の観点から問題があることが判明したため、予定よりも10日以上早く、この冬シーズンの利用を中止することが決定したと事務局より本日連絡がありました。
 

 

めったに見られないこんな美しい風景が広がるだけに惜しい気がしますが、来年以降も厳冬期の知床五湖を散策するためには致し方ないことです。
 


午前6時の気温-5.0℃
体感知床朝はなかなか寒かったです。
春の兆し
この時期限定の風景

白黒と白青
3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31