2021-02-20
 

南風で再び沖へと流された流氷ですが、かなり速いスピードで戻ってきています。エゾシカも沖の白い帯を見つめていました。
 

 
そのエゾ鹿に隠れるようにキタキツネがこちらを見ていました。ツアー中にキツネに出会うことは珍しいので、キツネも人間を見慣れてないのかもしれません。
 
 
硫黄山をバックに悠々と飛ぶのはオオワシ。今日の風は南だったのに上手に風をつかまえたようです。
 
 
今日のクマゲラはいつもと違う木を突いていました。かなり大きな食痕だったので相当前から通っているようです。
今年は本当にクマゲラ遭遇率が高いです。
 
 
流氷ウォークは今日もきちんと行われています。ゆらゆらと揺れる氷で遊んできました。

  


午前6時の気温+2.6℃
体感知床+7.7℃まで上がりましたが、それほどは・・・。
 
森の動物たち
気まぐれ流氷
前略・丘の上より
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28